EDに悩む男性は多い中、正しい知識を持っている方はあまり多くはありません。ここではEDと運動の関係についてお伝えします。

腕組をして悩んでいる男性

  • ホーム
  • 勃起障害の薬、シルデナフィルと健康について

勃起障害の薬、シルデナフィルと健康について

シルデナフィルというのは勃起障害の薬ですが、おそらくバイアグラといったほうがピンとくるでしょう。
バイアグラというのが製品名で、シルデナフィルというのはその薬の中に含まれている有効成分の化学名です。
有効成分のシルデナフィルを含んだバイアグラはアメリカの製薬メーカーであるファイザー製薬が開発し、日本でも承認、販売されています。
もともとこの薬は狭心症の薬として開発が進められていたのですが、その適応では十分な効果がなく、逆に副作用が起こったのです。
実はその副作用こそが勃起を維持する働きで、ファイザー製薬は一転してこの薬を勃起障害の適応を目指し開発することになった、というのは開発秘話ではありますが、よく知られた話になっています。
シルデナフィルの作用を理解するには、まず勃起そのものの仕組みを理解する必要があります。
勃起は、性的刺激などの興奮により、一酸化窒素が放出されることから始まります。
次にこの一酸化窒素が細胞に作用することでcGMPと呼ばれる物質が放出され、このcGMPに血管拡張作用があるために陰茎海綿体への血流が増加し、勃起が起こるのです。
ただし、いつまでもこのままでは困りますから、PDE5という酵素がcGMPを壊すことで勃起がおさまる仕組みになっています。
シルデナフィルは、このPDE5の働きを阻害します。つまり、決して勃起を起こすほうに作用しているのではなくて、起こった勃起をおさまりにくくしているわけです。
なお、一緒に飲むと健康被害を起こす可能性がある薬として、狭心症の治療薬であるニトログリセリンなどの硝酸剤があります。
ここにも狭心症という病気が出てきましたが、実はこれは偶然ではありません。簡単にいうと、シルデナフィルはもともと狭心症の薬として開発されていただけあって、多少なりとも狭心症に効果があります。そのためニトログリセリンと一緒に飲むと、同じ効果が重複、増幅されてしまい、思わぬ健康被害を起こすことがあるわけです。