EDに悩む男性は多い中、正しい知識を持っている方はあまり多くはありません。ここではEDと運動の関係についてお伝えします。

腕組をして悩んでいる男性

  • ホーム
  • 勃起障害を治すにはリングに挑戦してみる

勃起障害を治すにはリングに挑戦してみる

勃起障害を治すにはバイアグラなどの医薬品の服用による治療もありますが、早期に改善させるためには陰茎にリングを入れる治療法もあります。
勃起障害は加齢とともに、脳への性的刺激が弱くなること、ストレス、過労、飲酒、喫煙等により生じます。
加齢すると性的刺激に鈍感になるのは仕方のないことですが、ストレス等は生活習慣を改善することで解消することは可能です。
生活習慣を改善し、バイアグラ等を服用しても、勃起障害が回復しない場合は、陰茎にリングを埋め込むことに挑戦してみるのもいいかと考えます。
陰茎の根元にリングを埋め込むことにより、陰茎の海綿体に流入した血液の逆流を防ぎ、海綿体のうっけつを即します。
陰茎の海綿体に流れた血液を滞留させることにより、勃起を強制的に持続させる仕組みです。
簡単に言えば、陰茎の海綿体内に流れた血液をリングで栓をすることにより、簡単に逆流をしないようにする方法です。
リングで栓をすることにより、陰茎の海綿体に流れた海綿体が、陰茎内で滞留し続け、陰茎の勃起を持続させることになります。
陰茎の根元をしめて、血液を陰茎の海綿体に大量に滞留させれば、大きく硬い勃起を得ることが可能になるのです。
陰茎の根元にリングを挿入するのはためらいがあるかもしれませんが、陰茎にリングを入れることで、性的刺激を得れば簡単に勃起を得ることが可能になるのです。
バイアグラや生活習慣の改善で勃起障害が回復しない場合には、シリコンボールを陰茎に埋め込み、陰茎の勃起を補助する方法もありますが、やはり、自然の血液での勃起を得たいと思うのが普通のはずです。
血流の流れが加齢とともに衰えたのを補うために陰茎の根元にリングを挿入して、陰茎への血液の滞留を即すのです。
まずは、一度、相談してみてください。

サイト内検索